Java SE 7 認定資格(2012年春〜)
===================================
1Z0-802 Java SE 7 Bronze 試験
Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間:65分
出題数: 60 問
合格ライン:60%
※オンライン試験料(税抜き):13600 円
--------------------------------------------------
1Z0-803 Java SE 7 Programmer I 試験
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間: 140分
出題数: 90 問
合格ライン: 77%
--------------------------------------------------
1Z0-804 Java SE 7 Programmer II 試験
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間: 150分
出題数: 90 問
合格ライン: 65%

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2014/4/22 06:21時点)

最近の記事
2012年01月21日

やさしく学ぶSun認定Javaプログラマ(SJC-P)

やさしく学ぶSun認定Javaプログラマ(SJC-P)
Java言語を生んだサン・マイクロシステムズ社が認定する「Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)」資格は、Javaプログラマにとって必須の認定資格です。とはいえ「どこから勉強すればいいか分からない!」という人も多いはず。そんな人の第一歩のために、本書はこんな特徴を持っています。「Javaプログラマ」取得はまずここからはじめましょう!実務経験豊富な著者による試験トピックに沿った丁寧な解説。イラストや図解を多用しているためトピックのイメージが掴みやすい。「小テスト」や「試験に出るポイント」などで理解度を確認しながら読み進められる。各章末の「練習問題」でより実践的な学習も可能。








【目次】(「BOOK」データベースより)
コンパイルと実行/データと演算子/フロー制御/クラスとメソッド/ポリモフィズム/パッケージとアクセス制御/例外/スレッド/ネストクラス・インナークラス/Java API/入出力/コレクションとジェネリックス/JDKのインストール

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山本道子(ヤマモトミチコ)
2000年サン・マイクロシステムズ株式会社に入社。J2SEの他、J2EEなどサーバサイドJavaコース担当およびテキスト開発に携わる。2004年に退社後、有限会社Rayを設立。システム開発、インストラクタ、執筆業などを手がけている

高橋ひさに(タカハシヒサニ)
プログラマ・SEを経験後、インストラクタにキャリアチェンジし、UNIX、ネットワーク、C/C++言語など各種コースを担当する。1996年サン・マイクロシステムズ株式会社に入社。主にサーバサイドJava関連コースの実施やテキスト開発に携わりつつ、講師育成、品質管理に従事。現在も教育コンサルタントとして同社にて勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


----------------------------------------2012/01/21時点----
Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)試験番号
----------------------------------------------------------
Oracle認定JavaプログラマSE 5 試験番号: 1Z0-853 出題数: 60問 合格%:70%
Oracle認定JavaプログラマSE 6 試験番号: 1Z0-851 出題数: 60問 合格%:61%
posted by SJC-P 受 at 15:25 | 静岡 ☀ | SJC-P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sjc-wc Sun認定Webコンポーネントディベロッパ
SJC-P 受けるなら安いチッケト使いましょう。
Linuxリナックス.LPIC
Accessプログラマ 初心者VBAマクロ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。