Java SE 7 認定資格(2012年春〜)
===================================
1Z0-802 Java SE 7 Bronze 試験
Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 認定資格
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間:65分
出題数: 60 問
合格ライン:60%
※オンライン試験料(税抜き):13600 円
--------------------------------------------------
1Z0-803 Java SE 7 Programmer I 試験
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間: 140分
出題数: 90 問
合格ライン: 77%
--------------------------------------------------
1Z0-804 Java SE 7 Programmer II 試験
Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 7 認定資格
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間: 150分
出題数: 90 問
合格ライン: 65%

【ピアソンVUE専用】Oracle会場試験用受験チケット(電子チケット)【RCP】

価格:26,720円
(2014/4/22 06:21時点)

最近の記事
2011年08月02日

Javaル-ルブック 読みやすく効率的なコ-ドの原則

Javaル-ルブック 読みやすく効率的なコ-ドの原則

第0章 コーディングの心得5ヵ条/第1章 ネーミングルール(全般/パッケージ/クラス・インタフェース ほか)/第2章 プログラミングルール/基礎編(全般/メトリクス/フォーマット ほか)/第3章 プログラミングルール/テクニック編(継承/インスタンス/制御構造 ほか)








「名前の付け方がバラバラでわかりづらい」「取りあえず動いているけど、どこかおかしい」……チームで開発にあたるプロジェクトでは致命的といえるそんな問題を解決するためのルールが、OK/NGサンプルを比較しながら直感的に理解できます。「影響度をふまえて、どれを優先して適用すべきか?」という重要度をルールすべてに明記、ジェネリックスやアノテーションなどの最新の話題にも対応、すぐに役立つEclipseショートカットも収録した、Javaプロジェクトに欠かせない1冊。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
属人的なコードをなくしてプロジェクトを効率化するための黄金則、最新アップデート。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第0章 コーディングの心得5ヵ条/第1章 ネーミングルール(全般/パッケージ/クラス・インタフェース ほか)/第2章 プログラミングルール/基礎編(全般/メトリクス/フォーマット ほか)/第3章 プログラミングルール/テクニック編(継承/インスタンス/制御構造 ほか)



Word&Excel2007資格取得通信講座
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)Word&Excel2007資格取得通信講座
記憶術 新・原口式記憶術


----------------------------------------2011/10/1時点----
Oracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)試験番号
----------------------------------------------------------
Oracle認定JavaプログラマSE 5 試験番号: 1Z0-853 出題数: 60問 合格%:70%
Oracle認定JavaプログラマSE 6 試験番号: 1Z0-851 出題数: 60問 合格%:61%


posted by SJC-P 受 at 06:04 | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
sjc-wc Sun認定Webコンポーネントディベロッパ
SJC-P 受けるなら安いチッケト使いましょう。
Linuxリナックス.LPIC
Accessプログラマ 初心者VBAマクロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。